唯一無二の存在!成宮寛貴の代表作「オレンジデイズ」を振り返る


■薬物使用疑惑を報じられた成宮寛貴が、衝撃の引退発表

違法薬物使用疑惑を報じられた成宮は、尿検査を受け陰性という結果にも関わらず、記事内容に大きなショックを受け「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」との思いから、突然の引退を決断した。

報道後、所属事務所は講談社に対し、法的措置をとる旨のコメントを発表していただけに急展開となった。

■これを受け、脚本家・北川悦吏子がtwitterで次のようにコメントした。

2004年に脚本したTBS系ドラマ「オレンジデイズ」に出演した成宮寛貴氏(34)が芸能界を引退したことを受け、思いをつづった。

成宮の引退声明に「元々何もない」と卑下する文言があったことに言及。「冗談じゃないよ!何もない人を、私が書くわけがない!」と反論

「『高校教師』に出てる成宮くんを見て!!オレンジデイズ、ショーヘイくんを、考えました!」と明かした。

成宮くん、どういうことなのでしょうか?衝撃が…。何があったの?オレンジデイズ以来のつきあいです。信じられない!

もともと何もない?冗談じゃないよ!何もない人を、私が書くわけがない!キャスティングするわけがない!唯一無二でしょ?!

そだよ!あの人をぜひ書きたい!と、「高校教師」に出てる成宮くんを見て!!オレンジデイズ、ショーヘイくんを、考えました! https://t.co/17VNWxlnBk

▼大人気だったTBSドラマ「オレンジデイズ」とは

「オレンジデイズ」は、2004年4月から6月に放送されたTBS系列ドラマ、脚本は北川悦吏子。

大学4年生・結城櫂と聴覚を失った萩尾沙絵の恋愛を、彼らを取り巻く友人たちとの交流を交えながら、若者の姿を繊細なタッチで描いていく。

大学の卒業を1年後に控えた5人の若者の青春ドラマ

■主題歌はMr.Childrenの「Sign」

ドラマの台本を読んで書き下ろしたため、歌詞の内容もドラマに沿ったものとなっているが、直接の表現はなく、あくまでもこの時期の桜井の心情が表れている。

■ORANGE RANGEの「上海ハニー」を手話で歌っているシーンも話題になりました

海に行くことになった、櫂と沙絵……。櫂がハンドルを握る行きの車のなかで、「上海ハニー」を振付をしながら無邪気に(手話で)歌う

オレンジレンジの上海ハニー
ドラマ オレンジデイズ で
柴崎コウがろうあ者で大学の仲間とドライブの時、友達が上海ハニーの歌に合わせて手話するってシーンが大好きだった。
風呂入ってこよ

■オレンジデイズのような大学生活に憧れる人も多かった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

解析タグチェック