やっぱちげーわw漫画家のエピソードがマジで破天荒


漫画より『スマホゲー』にハマっちゃった

2015年3月、作者・青山剛昌さんの入院により不定期連載

椎間板ヘルニアの手術を受け、入院生活をしていたのですが…。

「入院中は『艦これ』やりまくりだー♪の青山剛昌でした。」

単行本の巻末に書かれていたコメント。

今日は畑先生と一緒に青山先生のお見舞いに行ってきました。本当に艦これ全開w元気で何より!艦隊アップしていいと言われたのでアップ。提督名w pic.twitter.com/TUQSRiyfVO

「なのは洋菓子店のいい仕事」 の若木先生が御見舞時に取った写真。

コミックス85巻に掲載されている作者コメント欄(表紙の裏側)にも「艦これで大和を建造できますように」とコメントされている

「鳥山明」は元ニート!?

広告代理店に勤めるが3年で退社。23歳でマンガを描きはじめる

スタートが遅い…のに!

「おかーさん100円ちょー」→母「働きなさい!」→しかたがないので、わしはまともに描いたことのない漫画を描いて少年ジャンプにおくってみた

凄すぎw

あの超大物を養っていた「赤塚不二夫」

毎月小遣いを渡し、愛車のベンツを自由に使わせるなど、その待遇は破格

タモリさん、めっちゃ優遇されてるw

当時、赤塚不二夫は4LDKの高級マンションに住んでいましたが、そこにタモリを住まわせ、自分は狭い事務所で生活

銀河鉄道999「松本零士」のイタズラがやばいw

面倒臭いから8、9か月も風呂に入らない日が続き、使ったパンツも押し入れに突っ込んでいた

ある時、パンツの山を見るとキノコが生えている。すぐに植物図鑑で調べたら、どうやら「マグソタケ」というキノコだった

「図鑑で調べたらヒトヨタケ。さすがに自分で食べる気はしなかったので、ちばてつやのインスタントラーメンに入れたら「美味い、美味い」だって(笑い)」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

解析タグチェック