スピリチュアル開運法!厄落とし・邪気払い・呪いから身を守る方法


邪気とは?

気には、良い「気」と、悪い「気」と二種類あり、悪い「気」は、人を堕落させ、病気へと導きます。これが問題の気、いわゆる「邪気」なんです。

邪気が溜まるとどうなる?

邪気を溜め込んでしまうと、現実的に不調和が現れてきます。

・感情のコントロールが出来ず、イライラしたり落ち込んだりする
・肩こり、腰痛がなかなか治らない
・みぞおち周辺に違和感を感じたり、吐き気をもよおす
・体がダルくてやる気が出ない
・急に何をやっても上手くいかなくなった

このような症状を改善する為には、邪気払いが必要です。

明るく生きましょう!

「明るく元気にさわやかに」に生活していればこの悪霊に憑依さる心配はありません。

お香を焚いて邪気を払う

人というのは生活を営んでいるだけで部屋や心などにネガティブな”気”が蓄積されていきます、なんだか部屋の空気が気持ち悪いと感じたり、疲れてもいないのにどこか体がずっしりと重く感じたり、そんな部屋に溜まったネガティブエネルギーを綺麗に浄化するならお香を使用するのがおすすめです。

白檀(ビャクダン)のインド香の中では、ナンバーワンと言われているお香。

参考URL:http://goo.gl/8KRjJ2

部屋の中を浄化させるのに白檀を使うと良いでしょう。浄化をすることで、運気自体が上がります。

古くからスピリチュアルな空間を作るために使用されてきた香木である白檀、トラブルを引き起こすようなネガティブエネルギーを優しく鎮めることが出来る浄化力の高さがサンダルウッド(白檀)の特徴です。

サンダルウッドはホワイトセージと並んで浄化力の高いお香として知られており、サンスクリットにおけるチャクラを開く際やヨガなどにおいても使用されるお香であり、高い精神性を持ったお香なのです。

白檀(ビャクダン)は、あなたをすぐさま変性意識状態へと誘ってくれる存在です。

疲れがたまっている時には心地好い睡魔に襲われることもあるほどに、心身共に鎮静させるパワーが非常に強く、どんなに荒れ狂う精神状態にあろうとも冷静さを喚起し、そのまま人生を達観するほどまでに落ち着かせてしまう力をもっています。

もちろん胸の奥の悲しみだけでなく、身体で感じる痛みでさえも白檀(ビャクダン)が温もりのある手で優しく取り除いてくれます。
白檀(ビャクダン)の前では誰もが催眠術にかかったかのように素直になり、そのヒーリングパワーの恩恵にあずかることを選択してしまうことでしょう。

あなたの体臭は大丈夫ですか!?

未浄化霊は悪臭に引き寄せられるので、口臭と体臭には気を配る必要があるでしょう。

未浄化霊が好む匂いがあります。それは、悪臭です。お風呂に入らない人、歯磨きしない人、髪を洗わない人等は、霊達は自分の匂いに似ているので、その人は自分の仲間だと錯覚してしまいます。

トイレは必ず奇麗にする

トイレが汚い家には未浄化霊が自分の住処だと思い込んでしまうことが多いため、低い霊が家の中にいることで、お金の心配が増えて行ったり、家族の中に病人が出てしまい易いです。

トイレを綺麗にすると開運するという話は本当。トイレが汚いと自分で幸福を逃がしているようなものだから気合入れて掃除した方がいい。

部屋は常に明るくしておく

電気代をけちらずに、家に明かりを灯し続ける事。「運が悪い!」とか変な事を言う暇あったら、明るくしなさい。寝室以外の廊下とかでいいから、電気をつけておいて夜でも家を真っ暗闇にしないように。

家の顔である玄関は邪気を溜めないように照明を使って明るくしましょう。この場合も一晩、照明をつけっぱなしにしておくことが強化策になります。家の中で最も邪気が発生しやすいトイレの照明も同じく長時間つけておくことが強化策のひとつになります。

夜更かしは禁物

霊は暗くなってから活動するようなので、夜更かしはなるべく避けた方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

解析タグチェック